インシュリンとは

インシュリンは人体のすい臓にあるランゲルハンス島β細胞で作られる、生命維持に不可欠なホルモンで、肝臓や筋肉にエネルギー源として糖分を送り込み、血液中の糖を少なくする働きを持っています。不足すると血液中の血糖値が高くなりすぎて糖尿病を発症します。
}PgžxQ                                           

自己免疫反応の異常やウィルス感染により、ホルモンの生成機能が破壊された1型糖尿病患者には投与が必要になります。日本人の糖尿病患者の95%を占める2型糖尿病は、遺伝や乱れた生活習慣が原因で、投与はケースバイケースですが、生成能力が非常に低下していたり、長期間高血糖を放置しておいた場合は、投与が必要になります。
このホルモンには血糖値を下げる働きの他に、血液中の余分な糖分を脂肪細胞に送り込み、中性脂肪にして蓄える働きがあります。このため適正な食事量を越えてカロリー摂取が増えると、血糖値コントロールが乱れ、肥満を誘発します。ただし、食事療法や運動療法が適正に行われていると、その心配はありません。
                                              

また、消化吸収の遅い食品を取ることでホルモン分泌量を抑え、中性脂肪の蓄積を防ぐダイエット法の誤解で、カロリーや脂肪を気にせず食べて良い、と思っている人が少なくありません。カロリーの過剰摂取でホルモンが大量に分泌され、脂肪細胞に多量の糖が運ばれ、かえって肥満になってしまいます。

Comments are closed.