筋肉をつける運動とその効用について

筋肉をつける運動で代表的なのが、ダンベルなどの重たいものを持ち上げる無酸素運動です。無酸素運動をすることで、さまざまな部位の筋繊維を鍛えることができます。筋繊維をトレーニングで発達させることによって、基礎代謝量が増加するという効用を得ることができます。基礎代謝量が増えることは、太りにくい体質になることを意味します。基礎代謝とは、寝ているときでも確実にカロリーが消費されるものですから、ダイエットでリバウンドを防ぐためには向上させることが特に大切です。
 }PgžxQ                                             

さまざまなスポーツをして体の機能を最大限にまで高めれば、自然と太りにくい体になります。よく体を動かして汗をかくようにすることで、新陳代謝もよくなります。新陳代謝がよくなれば、冷え性を予防して病気にもかかりにくくなります。外側からではわかりにくいインナーマッスルも鍛えるようにすれば、基礎代謝量はさらに増加して引き締まった美しい体型になります。
                                              

インナーマッスルを鍛えることは意外と難しいものですが、お腹の内臓脂肪を燃焼させるためのトレーニングをすると、飛躍的な効果が出てきます。外側と内側の筋繊維を発達させるための努力を絶え間なく続けることで、年を取っても体力を維持できます。

Comments are closed.